しんぶん赤旗記事一覧

<< 前へ 全 437 件中 1~5 件を表示 次へ >>

原発危険箇所対策を 島根県議会 尾村県議が質問

しんぶん赤旗 2018-12-05 付
 日本共産党の尾村利成島根県議は、中国電力島根原発(松江市)の敷地内に7つある土砂災害危険箇所(原発1号谷、原発2号谷、原発3号谷、片句1~4)について万全な対策を講じるとともに、山陰地方にひずみ集中帯が広範囲に存在し、地震の活動期に入ったとの専門家の警告を受け止め、大地震に備えた災害対策・防災対策を強化するよう求めました。
 尾村氏は、同原発のそばを走る宍道断層(39㌔)と、鳥取沖断層(98㌔)との間隔がわずか5㌔であり、両断層が連動すれば140㌔の活断層になると強調。国の地震調査研究推進本部が2016年、島根県東部地域でマグニチュード6・8以上の地震が今後30年以内に発生する確率を40%とする長期評価を公表していること、同本部が昨年に宍道断層をマグニチュード7級以上の大地震を起こす可能性がある主要活断層帯に指定したことをあげ、宍道断層周辺を「活断層防災特別推進地域」に指定するよう迫りました。
 山口和志防災部長は「国の審査が継続中であり、原子力規制委員会は厳格に審査を行ってほしい。中国電は規制委の審査の指摘には適切に処理してほしい」と述べました。尾村氏は再質問で「県も調査するなど、しかるべき対応をすべきだ」と指摘し、「想定外の事態に備えた万全な対策を講じるべきだ」と訴えました。


原発ゼロへ政治ただそう 松江の民青 尾村県議囲み学習会

しんぶん赤旗 2018-11-25 付
 松江市の日本民主青年同盟は23日、日本共産党の尾村利成県議を講師に迎え、原発ゼロに向けた原発学習会を開きました。
 尾村氏は原発の「そもそも論」として、原発の技術が未完成だと指摘した上で、「原発利益共同体」によって日本の政治がゆがめられているとし、「原発ゼロのたたかいは政治のゆがみを正すたたかいだ」と強調しました。
 また、中国電力島根原発(同市)が立地する谷が土砂災害要対策箇所に含まれていると批判し、県議会で同原発の稼働中止を改めて求めていくと述べました。
 福住ひでゆき参院鳥取・島根選挙区候補が参加し、「原発ゼロを実現するために青年のみなさんと力を合わせたい」と語りました。
 交流では、「原発事故が起こると道路が混雑して動けなくなる」「避難計画がいい加減だ」などと語られました。
 参加した男性(32)は「原発はどう考えても絶対安全とはいえない。原発ゼロの運動をもっと広げていきたい」と話しました。


消費税増税 10% やめて 経営も暮らしも壊す 県議会議長訪ね要望 島根県商連

しんぶん赤旗 2018-11-24 付
 島根県商工団体連合会は22日、県議会に大屋俊弘議長を訪ね、「消費税増税中止を求める意見書」を国に提出するよう求めました。日本共産党の尾村利成県議が同席しました。
 請願書は、税率の8%と10%の線引きが複雑なことから「お客さまとトラブルにならないか心配だ」などの不安の声が寄せられていると指摘。「高齢化の進行や後継者の確保、人手不足の問題を抱える県内事業者の中でも業務の縮小や廃業がいっそう進む」と懸念を表明しています。
 電気店を営む諸遊克己会長は、「小さな業者は商売が沈む。10%増税などとんでもない」と訴えました。
 大屋議長は「(請願を)重く受け止め、議会で活発な議論を踏まえた上で対応していきたい」と述べました。


私学助成拡充を県議会に請願書 島根・すすめる会

しんぶん赤旗 2018-11-24 付
 島根県私学助成をすすめる会は21日、県議会に私学助成の抜本的拡充を求める請願書と「教育費負担の公私間格差をなくし、子どもたちにゆきとどいた教育を求める」署名441人分を提出しました。日本共産党の尾村利成県議が同席しました。
 請願は▽授業料の県単独減免補助対象を年収590万円未満世帯へ拡大▽低所得層に対する入学金補助制度の創設▽就学支援金制度の拡充と給付型奨学金制度の全額国庫負担化を国に要望する―などを求めています。
 苅田秀人会長ら3氏は「保護者の学費負担や教職員の人件費削減はもはや限界。家計が厳しい生徒が入学しており、減免補助対象の拡大を」と訴えました。


統一地方選・参院選勝利へ 中国地方いっせい宣伝 島根 島根原発の稼働 国に中止求める

しんぶん赤旗 2018-11-17 付
 島根県松江市では、尾村利成県議が橘祥朗市議、岩田剛東部地区委員長らと市内で宣伝しました。
 尾村県議は、安倍政権がすすめようとしているのは9条改憲や消費税10%増税、原発再稼働など国民の願いに反することばかりだと厳しく批判。「市民と野党の共闘で、安倍政権を終わらせよう」と訴えました。
 橘市議は、党県委員会が13、14の両日の政府交渉で、中国電力島根原発(松江市)の稼働中止や災害対策の強化を求めたことなどを報告しました。
 演説を聞きながらバスを待っていた市内の女性は、「消費税が10%になったら生活がさらに苦しくなる。増税は中止してほしい」と語りました。
 出雲市では、大国陽介県議が朝の宣伝をしました。
<< 前へ 全 437 件中 1~5 件を表示 次へ >>
尾村としなりの政策 プロフィール 1962 年大田市生まれ。
1985 年北九州市立大学法学部政治学科卒業後、松江民主商工会に就職。
島根県商工団体連合会事務局長、消費税廃止県各界連絡会事務局長、日産生命被害者の会事務局長など歴任。

ホームに戻る
Copyright © Toshinari OMURA. All Rights Reserved.