しんぶん赤旗記事一覧

<< 前へ 全 457 件中 1~5 件を表示 次へ >>

安全な島根めざして 原発稼働させない決意語る

しんぶん赤旗 2019-04-10 付
 島根県議選で現有2議席を確保した日本共産党の尾村利成、大国陽介の両県議は8日、それぞれの地元で街頭演説し、公約実現への決意を訴えました。
 尾村氏は松江市のJR松江駅前で、橘祥朗、吉儀敬子、田中肇の各市議と演説し、市民の圧倒的多数は中国電力島根原発の稼働を望んでいないとし、「原発を動かさない、安心安全の島根をつくるために頑張る」と強調。高い国保料の引き下げ、医療費無料化の中学卒業まで拡大などの公約実現に全力を尽くすと力を込めました。
 大国氏は出雲市で後藤由美市議と訴えました。


原発ゼロへ欠かせぬ議席 島根 原発ゼロきっぱり 尾村としなり氏、大国陽介氏

しんぶん赤旗 2019-04-04 付
 島根県議選で、日本共産党は松江市区(定数11)の尾村としなり県議、出雲市区(同9)の大国陽介県議が原発ゼロをめざし、現有2議席確保へ奮闘しています。
 中国電力島根原発(松江市)は現在、2号機の再稼働、3号機の新規稼働が狙われており、争点の一つです。
 党県議団は唯一、毎議会で島根原発の問題を追及してきました。同原発の耐震安全性を検証するため、専門家や市民の協力を得て地形を調査。同社を再調査に追い込み、原発付近を通る宍道断層の長さを25キロから35キロに訂正させました。
 出雲市区は大国候補のほか、自民5、公明1、立憲民主1、無所属5の計13人が9議席を争う激戦。他陣営も「横一線の状況」と厳しさを訴えています。
 寒風が吹き、雨あられも降った1、2日。大国候補は何としても勝ち抜かせてほしいと声を振り絞りました。
 演説を聞いた人からは「中国電力、県や国にも原発を止めるよう求めてほしい」などと声援が寄せられています。支部や後援会員らが電話で対話すると、「再生可能エネルギーに変えるべきだ」などの意見も多く、原発ゼロへ期待が広がっています。
 大国候補と尾村候補は「共産党は、電力会社やその労働組合などから企業・団体献金を受け取りません。だから、原発ゼロをきっぱりと主張できる。原発ゼロの島根をつくるため、最後まで頑張り抜きます」と話します。


国保下げる共産党に 島根 島根原発の稼働中止を

しんぶん赤旗 2019-04-02 付
 島根県議選で、日本共産党と後援会は松江市区と出雲市区での現有2議席の確保に全力をあげています。
 定数11に対し、12人が立候補した松江市区では、尾村としなり候補=現=が中国電力島根原発の稼働中止、住民合意のない松江北道路建設計画(総事業費250億円)の見直し・中止などを訴えています。3月31日、演説を聞いて初めて松江北道路の計画を知ったという女性は、尾村氏に対し、重い心臓病の子どもを東京の病院に通わせ、医療費などにお金がかかると話し、「税金を無駄遣いせず、医療費助成や障がい者福祉に使ってほしい」と涙ながらに訴え、支持を約束しました。
 定数9に対し、13人が立候補した出雲市区では大国陽介候補=現=が「何としても勝ち抜かせてください」と呼びかけ、島根原発ストップ、国保料の引き下げ、消費税10%への増税中止などを訴え、奮闘しています。
 電話かけに取り組んでいる青年後援会の田辺洋さんは対話の中で「お願いされたのはあなたが初めて」と支持を約束してくれた人もいるといいます。田辺さんは「早く声をかけることが大切。ピッチを上げないと」と懸命に支持を呼びかけています。


消費税増税中止の力 田村智子氏

しんぶん赤旗 2019-03-25 付
 日本共産党の田村智子副委員長・参院議員は24日、鳥取県米子市、島根県の松江、出雲の両市を駆けて街頭演説し、知事選(4月7日投票)で、いずれも党が推薦する鳥取県の福住ひでゆき候補、島根県の山崎やすこ候補の勝利を求めました。29日告示の両県議選でそれぞれ現有2議席確保への支援を訴えました。
 田村氏は、沖縄の新基地建設や原発に反対する国民多数の世論を無視する安倍政権を批判し、「民主主義が壊されている。黙って見過ごすわけにはいかない。安倍政権にモノ言う県知事を誕生させよう」と力説。「統一地方選で消費税10%への増税を断念させていこう」と述べ、両県議団を再び議会に送って消費税増税中止の力を広げてほしいと呼びかけました。その上で、市民と野党の共闘で中林よし子参院鳥取・島根選挙区候補を野党統一候補に押し上げて勝利しようと呼びかけました。
 福住候補は国保料について「県独自の支援で1人7000円の引き下げを実現したい」、山崎候補は中国電力島根原発に関し、「原発ゼロ、再生可能エネルギーで自立する島根をつくろう」と呼びかけました。
 米子市で錦織陽子県議は「安倍政治にモノが言える福住さんを押し上げよう」と訴え。松江市で尾村としなり県議は「山崎さんを知事にし、共産党の2議席実現で冷たい県政、原発推進の県政を転換しよう」、出雲市で大国陽介県議は「安倍政権言いなりの県政と対決し、暮らしを守るために全力で頑張る」と述べました。
 米子市で「大山ふもとの自然環境と米子の水を守る会」の山根一典さんが知事選勝利へ応援演説。松江市で中林候補が訴えました。


各地で重税反対統一行動 選挙で意思示す 島根

しんぶん赤旗 2019-03-15 付
 「消費税増税中止」「改憲阻止」「民主的税制・税務行政の実現」などのスローガンを掲げて13日を中心に、重税反対全国統一行動が各地で取り組まれました。
 島根県内では出雲、益田など6市で集会が開かれ、松江市の中央集会には約110人が参加。島商連の諸遊克巳会長は安倍政権が狙う消費税10%への増税などを批判し、「私たちの生活と生業(なりわい)が成り立つよう、選挙で意思を示そう」と訴えました。
 日本共産党の尾村としなり県議、中林よし子参院鳥取・島根選挙区候補、山崎やすこ県知事候補が来賓あいさつしました。
 松江税務署までデモ行進。男性(62)は「消費税増税もだが、国保料をとにかく引き下げてほしい」と語りました。
<< 前へ 全 457 件中 1~5 件を表示 次へ >>
尾村としなりの政策 プロフィール 1962 年大田市生まれ。
1985 年北九州市立大学法学部政治学科卒業後、松江民主商工会に就職。
島根県商工団体連合会事務局長、消費税廃止県各界連絡会事務局長、日産生命被害者の会事務局長など歴任。

ホームに戻る
Copyright © Toshinari OMURA. All Rights Reserved.