しんぶん赤旗記事一覧

<< 前へ 全 431 件中 1~5 件を表示 次へ >>

選挙へギアチェンジ 党島根県委が全県議員団会議

しんぶん赤旗 2018-11-09 付
 日本共産党島根県委員会は6日、同県大田市で全県議員団会議を開きました。地方議員、機関役員ら26名が参加し、統一地方選勝利を前面に「比例を軸」にすえた参院選躍進に向けての取り組みや議会活動を交流しました。
 後藤勝彦県委員長は5中総決定を踏まえ、「臨時国会も始まり党に熱い期待が寄せられている。宣伝で党の風を吹かせ、選挙勝利へ『ギアチェンジ』を」と呼びかけました。
 尾村利成、大国陽介の両県議が県議選に向けた決意を述べるとともに、県議会決算特別委員会で要求した医療や子育て、教育、雇用、農業など各分野における県内自治体の施策状況を報告しました。
 参加者からは「『850万票、15%以上』の得票目標について納得がいくまで議論して地区全体のものにしたい。引き続き、支部とともに党勢拡大に打って出たい」「楽しく元気の出る支部会議を広げ、定着できるよう努力していきたい」などの決意が語られました。


中国 5 県いっせい宣伝 政治変えるなら共産党

しんぶん赤旗 2018-10-20 付
 中国5県の日本共産党は19日、来年の参院選と統一地方選などでの躍進めざし、各地でいっせい宣伝しました。
 松江市では、尾村利成県議が街頭演説し、「市民と野党が力を合わせれば政治を変えられる。政治を変えたいとの声を日本共産党へ」と呼びかけました。歩く人や車から手が振られました。
 尾村氏は安倍政権が狙う9条改憲、消費税10%への増税を批判。河川や土砂災害危険箇所の整備こそ急務だと強調し、「島根原発をストップさせ、災害に強い国土、県土をつくります」と訴えました。
 演説を聞いた会社員の男性(58)は「絶対に10%増税はしてほしくない」と話し、女性(39)は「2人の子どもがいます。子どもを戦争に送りたくない」と語りました。


原発再稼働ストップ 松江 5 キロ圏内「怖い」

しんぶん赤旗 2018-10-07 付
 松江市の島根県庁前で、253回目の金曜日行動が行われました。「原発ゼロだ、今すぐゼロだ」「地震が起きない保証はない」とコールしながら、中国電力島根支社までパレードしました。
 原子力規制委員会は9月4日、中国電が新規稼働を狙う島根原発3号機(同市)の審査会合を初めて開き、中国電に対して申請書の内容を不十分とし、修正するまで審査できないと指摘しています。
 日本共産党の尾村利成、大国陽介の両県議が国民の暮らし破壊をすすめる安倍政権を倒し、原発ゼロの日本を実現するたたかいを一緒に広げようと呼びかけました。
 集会を見ていた男性(63)は「島根原発から5キロ圏内に住んでいます。怖くて移住を検討しています」と話し、男性の妻(62)は「関東の親戚から松江に住んでいて大丈夫かと言われている。早く原発をなくしてほしい」と語りました。


消費税 10% 阻止しよう 松江 尾村県議を迎えつどい

しんぶん赤旗 2018-09-29 付
 松江市の日本共産党城西支部は24日、安倍首相が自民党総裁選で「来年の消費税10%引き上げは予定通り引き上げたい」と表明したことを受け、「消費税と社会保障を考えるつどい」を開きました。尾村利成県議が講師を務め、9人が参加しました。
 尾村氏は「安倍首相がすすめる『社会保障制度改革』は負担増と給付削減にある」とし、市民と野党の共闘と党の躍進で、来年の参院選・統一地方選で増税勢力に厳しい審判を下そうと呼びかけました。
 尾村氏はまた、年金や介護、後期高齢者医療など保険料は上がり続ける一方で、年金削減や病床数の削減などの給付抑制によって憲法25条の生存権が脅かされていると指摘。「暮らしの厳しさが増しているなか、消費税10%増税の中止を」と強調しました。
 交流では「10%増税を阻止するたたかいは待ったなしだ」「もっと学習して自分の言葉で語れるようにしたい」などと語られました。


学力テスト廃止求める 島根県議会 尾村県議が質問

しんぶん赤旗 2018-09-26 付
 日本共産党の尾村利成島根県議は21日、県議会で質問し、小学6年生と中学3年生を対象に行われている全国学力テストについて、「子どもと教師を点数競争に追い込んでいる」と指摘し、廃止するよう求めました。
 尾村氏は、松江市が総合計画の「学力向上対策事業」として「全国平均値以上の調査項目数(教科)の割合を100%にする」との目標値を設定していることを告発。「数値データの上昇のみを目的にしているととられかねないような行き過ぎた取り扱いは、本調査の趣旨・目的を損なう」とした文部科学省通知(2016年4月)に反し、教育本来の目的から逸脱すると批判しました。
 尾村氏はまた、出雲市の小学校で保護者への事前説明もなく、4年生の算数の授業で2学期からクラスを二つに分けた習熟度別授業が行われていると指摘。「習熟度別学習は子どもをふるい分け、傷つける危険の強い方法であり、子どもや保護者の理解・合意なきまま強制するなど許されない」と批判しました。
 新田英夫教育長は「保護者の理解を得ることが望ましい」と述べました。
 尾村氏は「教育行政の役割は少人数学級の推進や教員の多忙解消、教室へのエアコン設置など教育環境を改善することだ」と強調しました。
<< 前へ 全 431 件中 1~5 件を表示 次へ >>
尾村としなりの政策 プロフィール 1962 年大田市生まれ。
1985 年北九州市立大学法学部政治学科卒業後、松江民主商工会に就職。
島根県商工団体連合会事務局長、消費税廃止県各界連絡会事務局長、日産生命被害者の会事務局長など歴任。

ホームに戻る
Copyright © Toshinari OMURA. All Rights Reserved.