しんぶん赤旗記事一覧

<< 前へ 全 568 件中 1~5 件を表示 次へ >>

島根原発 2 号機再稼働するな 島根 共産党宣伝

しんぶん赤旗 2021-06-24 付
 原子力規制委員会が23日の定例会合で中国電力島根原発2号機(松江市)の再稼働に必要な安全対策をまとめた審査書案を了承し、事実上の合格となったことを受け、同日、日本共産党の上代善雄県委員長、岩田剛東部地区委員長、尾村利成、大国陽介の両県議、田中肇、舟木健治、橘ふみ各市議が県庁前で緊急宣伝しました。
 「合格」は、事故を起こした東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型では5基目。今後、一般の意見公募(6月24日~7月23日まで)などを経て、今秋にも正式合格が見込まれています。
 尾村県議は、①島根原発直下には140㌔もの活断層(宍道断層39㌔、鳥取沖断層98㌔)が走っている②実効ある避難計画は未策定③不正・不祥事を繰り返す中電に原発を運転する資格はない―などを指摘し、「総選挙で日本共産党の躍進と市民と野党共闘の勝利で『原発ゼロ基本法』を可決させよう」と訴えました。


島根県議会 再稼働認められない 尾村氏「避難計画重要」

しんぶん赤旗 2021-06-23 付
 日本共産党の尾村利成島根県議は18日の県議会で質問し、中国電力島根原発2号機(松江市)の原子力規制委員会による審査が最終盤に入り、6月中にも「事実上の合格」が見込まれるもとで、「県民の命と安全を守るためにも、2号機の再稼働は絶対に認められない」と迫りました。
 尾村氏は、老々介護や高齢者世帯、要支援者の多くの方から「事故が起こっても避難しない。避難できない。住み慣れた自宅にとどまりたい」との声を紹介し、「実効ある避難計画とは、原発の事故時に100%住民の命と安全、健康を守ることができる計画だ」と強調。丸山達也知事は「そういったことが実現できる計画が必要」と応じました。
 尾村氏は、原発稼働の判断基準について「基本的人権を保障した日本国憲法と住民の健康と安全を守ることこそ使命と規定した地方自治法を土台」にし、「県民の合意があるのか、県民の命と安全を守ることができるのかを基準・モノサシにすべき」とただしました。丸山知事は「憲法の基本的人権の尊重と地方自治法の規定は、県政を推進する根幹となるもの」と答弁しました。
 尾村氏は「県民の圧倒的多数は再稼働ノー。県政は県民の願いに反することをやってはならない」と訴え、原発ゼロの島根の実現を強く求めました。


再稼働認めないで 「島根の会」、県に要請

しんぶん赤旗 2021-06-13 付
 原子力規制委員会による新規制基準適合性審査が最終盤を迎えている中国電力島根原発2号機(松江市)について、「原発ゼロをめざす島根の会」は11日、県に対し「多くの県民は再稼働に大きな不安を持っている」として再稼働を認めないよう要請しました。
 日本共産党の尾村利成、大国陽介の両県議、舟木健治、橘ふみ両松江市議が同席しました。
 島根原発では、5月17日、原子炉建物内で作業員が転落して負傷し、翌18日には同1号機の管理事務所内で火災が発生しています。
 2号機をめぐっては、規制委事務局の原子力規制庁が、中電が提出した審査申請書の補正書を基に審査書案の作成を進めており、規制委が了承すれば6~7月にも事実上合格となるといわれています。
 県庁を訪れた山崎泰子共同代表、舟木明美事務局長ら3氏は「中電は安全文化の醸成に努めると言いながらトラブルを繰り返している」と指摘。「県民の不安の思いを中電に伝えるとともに、不安が解消されるよう県としてしっかり取り組んでほしい」と強く要求しました。
 県防災部の出雲昌浩次長は「技術的能力を含めて規制委が審査している。中電には、資質が疑われることのないようしっかり対応して頂きたい」と答えました。
 同会のメンバーは同日、中電島根支社にも申し入れました。


「生理の貧困」解決を 島根

しんぶん赤旗 2021-05-29 付
 新日本婦人の会島根県本部(山崎泰子会長)は28日、丸山達也知事と新田英夫教育長に対し、コロナ禍で経済的に困窮し、生理用品などが購入できない児童生徒や学生が、健康で衛生的な生活を保障されるよう積極的な支援策を要請しました。
 日本共産党の尾村利成、大国陽介の両県議、民主県民クラブの角智子県議が同席。共産党松江市委員会ジェンダー平等委員会の橘ふみ委員長(松江市議)も参加しました。
 山崎会長らは、経済的理由で生理用品が十分に使えず、健康と人権が脅かされる状態は直ちに改善すべきと指摘。「社会的な課題と捉え、県としても支援体制をしっかり整えてほしい」と強調し、▽学校施設の女子トイレ個室に適切な返却不要の生理用品の設置▽経済的に困難な状況にある人への生理用品の配布▽生理をはじめ、心や体の悩みを気兼ねなく相談できる環境の整備などを求めました。
 応対した県健康福祉部の半場祐子理事(女性活躍推進統括監)は生理用品の設置について「設置方法を研究して検討していきたい」と述べ「支援が必要な人が相談支援につながるようしっかりと取り組んでいく」と答えました。


原発再稼働させない 島根・鳥取の党議員ら意見交換

しんぶん赤旗 2021-05-28 付
 中国電力島根原発2号機(松江市)の再稼働に向けた原子力規制委員会の適合性審査の実質的な審査が終了し、6月にも事実上の合格が見込まれている問題で、立地自治体の島根県と松江市、周辺自治体の出雲、安来、雲南の各市、鳥取県と米子、境港の両市の日本共産党議員らが26日、松江市内で意見交換会を開きました。
 冒頭、県防災部の出雲昌浩次長、佐藤淳・原子力安全対策課長が今後の「地元同意」手続きの流れや原子力防災対策などについて説明しました。
 参加者からは、各自治体でのたたかいや運動をめぐって「議員16人中、再稼働反対が10人で過半数を占めている。再稼働を食い止めたい」(境港市)、「原発再稼働の是非を問う住民投票実施に向け、来月19日に設立集会を予定している」(米子市)、「福島から移住してきた人たちが原発稼働反対の勉強会を開催している」(雲南市)などの状況が語られました。
 尾村利成島根県議、市谷知子鳥取県議は、議会論戦や住民運動を強めていくとともに「総選挙で大平よしのぶ前衆院議員の比例議席奪還と党の躍進で、野党連合政権を樹立し、原発ゼロ基本法を可決し、再稼働をストップさせよう」と呼びかけました。
<< 前へ 全 568 件中 1~5 件を表示 次へ >>
尾村としなりの政策 プロフィール 1962 年大田市生まれ。
1985 年北九州市立大学法学部政治学科卒業後、松江民主商工会に就職。
島根県商工団体連合会事務局長、消費税廃止県各界連絡会事務局長、日産生命被害者の会事務局長など歴任。

ホームに戻る
Copyright © Toshinari OMURA. All Rights Reserved.