しんぶん赤旗記事一覧

<< 前へ 全 472 件中 6~10 件を表示 次へ >>

「年金下げるな」一揆集会 老いも若きも安心の制度に

しんぶん赤旗 2019-10-30 付
 全日本年金者組合島根県本部は28日、松江市で年金引き下げに反対する「年金者一揆」集会を開きました。集会後、「年金の引き上げを」などと書かれたのぼり旗を掲げ、県庁まで約1㌔をデモ行進しました。
 県庁では、河野哲雄委員長ら22名が際限ない年金の引き下げ廃止などを求める要請書を提出しました。
 河野委員長は、年金支給開始年齢引き上げの中止など、若い人も高齢者も安心できる年金制度の必要性を強調。「これら切実な要望が実現するよう県として国に求めていただきたい」と訴えました。日本共産党の尾村利成県議が同席しました。
 参加者は「今の年金では、国保料や介護保険料、水道光熱費などを支払うと残るのはわずか。これ以上の年金引き下げはやめてほしい」などと訴えました。県の担当者は「お聞きした意見や要望内容を知事に伝えたい」と答えました。


知事の公約断念批判 島根県議会 子ども医療費で尾村氏

しんぶん赤旗 2019-10-01 付
 日本共産党の尾村利成島根県議は19日の県議会で質問し、丸山達也知事が4月の県知事選で掲げた「小学校卒業までの医療費無料化」を公約を断念したことを批判し、県政への不信が広がっていると指摘しました。
 県は、子どもの医療費助成の対象を現在の未就学児から小学6年生まで拡大するものの、自己負担(1医療機関当たり通院は月1000円、入院は月2000円)は継続する方針。拡大分は現行の補助事業ではなく、交付金制度で対応するとしています。
 尾村氏は「子どもの医療費助成制度を実施している47都道府県のうち、交付金事業で実施しているのは1県だけだ」と指摘。「交付金事業では実施するのもしないのも市町村の判断であり、制度的に不安定な仕組みだ。県として医療費無料化の制度構築を国に要求するなら、補助事業・準義務的経費の仕組みを堅持すべきだ」と迫りました。


増税ダメ 共産党頑張れ 中国 5 県でいっせい宣伝 島根

しんぶん赤旗 2019-09-21 付
 中国5県の日本共産党は20日、各地で一斉宣伝し、10月からの消費税増税中止などを訴えました。
 松江市の商店街では、後藤勝彦県委員長、県議団、市議団らが宣伝し、「暮らしを壊す消費税の増税、年金の減額を止めよう」「中国電力島根原発(同市)は絶対に動かしてはならない」などと訴えました。店から出て演説を聞く人もありました。
 後藤県委員長は「安倍改造内閣は、日本会議に名を連ねるメンバーがそろっています。改憲志向の内閣で非常に危険です。私たちはみなさんと一緒に声を上げ、来たる総選挙で新しい政治をつくるために力を尽くします」と訴えました。


参院選の教訓と展望語る 島根 仁比氏が集い駆けめぐり

しんぶん赤旗 2019-09-07 付
 日本共産党の仁比聡平前参院議員は5日、島根県の江津、出雲、松江の各市の集いを駆けめぐり、参院選での教訓と今後の展望を語りました。3会場はどこも満席で計150人が参加しました。
 江津、出雲の集いでは参院鳥取・島根選挙区の野党統一候補としてたたかった中林佳子元衆院議員があいさつ。参院選では党の政策が国民に希望を与え、自身の候補者活動には野党だけでなく、保守層も応援に駆け付けるなど、安倍・自公政権を追い込む共闘の輪が広がっていると強調しました。
 仁比氏は「市民と野党の共闘の進化に全力をあげながら、党の発展をめざします。日本に本当の民主主義を取り戻すため、全力で頑張ります」と力を込めました。
 松江では集いに先立ち、県庁前で後藤勝彦県委員長、尾村利成県議らと演説。「消費税増税は絶対にダメだという声を今こそ大きくしていこう」と訴えました。
 参加した江津市の男性(92)は「宣伝を強めたい。共産党のことをもっと知ってほしい」。出雲市の女性(72)は「共産党が提案する減らない年金制度を実現してほしい」と語り、松江市の男性(41)は「共産党の良さをもっと多くの人に広げていきたい」と話しました。


2019 国民平和大行進 被爆国の願い 島根

しんぶん赤旗 2019-07-24 付
 原水爆禁止国民平和大行進(富山―広島コース)が22日、松江市に入り、通し行進者の山田太枝さん(74歳)ら代表団が県庁、市役所を訪れました。
 丸山達也知事から「ヒバクシャ国際署名」と核兵器廃絶ペナントが寄せられ、中村芳信県議会議長からもペナントが託されました。
 出迎えた総務部次長、県議会事務局長は「暑い中、大変だと思いますが、健康に留意され、ゴールされることを願っています」と激励。県議会事務局からは署名と募金が手渡されました。
 市役所では総務部長、市議会事務局長が応対し、「被爆国として核兵器廃絶は多くの国民の願い。ぜひなくしていきたい」と話しました。松浦正敬市長と森脇幸好(ゆきよし)市議会議長のペナントが手渡されました。
 県庁では日本共産党の尾村利成、大国陽介の両県議が、市役所では橘祥朗、吉儀敬子、田中肇の市議団が同席しました。
 夕方には90人が行進しました。
<< 前へ 全 472 件中 6~10 件を表示 次へ >>
尾村としなりの政策 プロフィール 1962 年大田市生まれ。
1985 年北九州市立大学法学部政治学科卒業後、松江民主商工会に就職。
島根県商工団体連合会事務局長、消費税廃止県各界連絡会事務局長、日産生命被害者の会事務局長など歴任。

ホームに戻る
Copyright © Toshinari OMURA. All Rights Reserved.