しんぶん赤旗記事一覧

<< 前へ 全 449 件中 6~10 件を表示 次へ >>

憲法生かす県政に 島根・東部地区委が集会

しんぶん赤旗 2019-01-09 付
 島根県の日本共産党東部地区委員会は7日夕、参院選と統一地方選で市民と野党の共闘勝利と党の躍進に向けた決起集会を松江市で開きました。
 同市選出の尾村としなり県議は、党のアンケートに「政治を私物化する安倍政権は許せない」「国の政策に従うのではなく、住民のことを第一に考える県政であってほしい」などの声が寄せられていると紹介し、「切実な思いが込められている。県民の代表者として全力を尽くす」と決意表明。「国いいなりの県政をただし、憲法が生き、原発のない県政を実現します」と訴えました。
 参加した男性(66)は「今を生きる私たちが平和な社会を残すことは次世代を生きる人たちに対する責務です」と話し、別の男性(82)は「安倍政権はデタラメばかり。一日も早く終わらせたい」と語りました。


連続選挙勝とう 共産党が各地で新春宣伝 島根 原発ノーの声を大きく

しんぶん赤旗 2019-01-05 付
 日本共産党島根県委員会は元日から3日にかけて新春宣伝しました。
 2日の松江市では尾村としなり県議、市議団が演説。尾村氏は中国電力島根原発の廃止に向け、「原発ノーの声を島根から大きくしていこう」と呼びかけました。3日の出雲市では大国陽介県議らが宣伝し、大国氏は「暮らしを守るために引き続きみなさんと力を合わせたい」と訴えました。
 男性(58)は「介護や福祉に税金を使ってほしい」と語りました。


旧版著作制限 県に中止要求 しまね人権連

しんぶん赤旗 2018-12-25 付
 島根県のしまね人権連の大西修議長ら4人は21日に県庁を訪れ、差別的表現があるなどとして県立図書館で閲覧が制限されている小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の旧版著作に関し、今日の人々の人権・プライバシーを侵害するものかどうか検討し、制限をやめるよう求めました。
 参加者は「人権擁護の立場から良識をもって読んでください」など注釈を付けるなどすれば人権侵害には当たらないとし、工夫して歴史資料を公開するよう求めました。
 日本共産党の尾村利成、大国陽介の両県議が同席しました。


島根 保育・介護充実して 福祉保育労が県に要請

しんぶん赤旗 2018-12-22 付
 福祉保育労島根支部は20日、島根県庁を訪れ、介護保険の制度の充実、子育て支援の充実と保育制度の拡充を求める両要望書を手渡しました。内田恵委員長や現場の組合員ら19人が参加し、日本共産党の尾村利成、大国陽介の両県議が同席しました。
 介護福祉士らは人手不足や過重な負担で十分な介護ができない実態を訴え。県の担当者は「勤務環境、介護報酬の見直しなどは国に働きかけていきたい」と述べました。
 保育士らは「食物アレルギーの対応に手いっぱい」などと語り、県独自の処遇改善や職員配置の充実などを求めました。


子ども食堂支援要望 島根県母親大会連絡会申し入れ

しんぶん赤旗 2018-12-21 付
 島根県母親大会連絡会は17日、6月の大会で出された要求をまとめ、県に申し入れました。浜田倫子(みちこ)副会長ら19人が要請し、日本共産党の尾村利成、大国陽介の両県議が同席しました。
 浜田氏らは子ども食堂の運営が財政面や物資、スタッフの獲得に困難を抱えているとして要望。県の担当者は県内21カ所の子ども食堂を民間団体と共同で取り組んでいるとし、今後も活動しやすい環境づくりの支援に努めると応じました。
 中国電力島根原発(松江市)について、同2号機の再稼働と3号機の新規稼働の中止、30キロ圏内の安来市、出雲市、雲南市に松江市と同様の安全協定の締結を中国電力に働きかけ、住民が主体となって議論する場の提供などを設けるよう要請しました。
 また、介護保険制度の充実を国に要望するよう求めました。
<< 前へ 全 449 件中 6~10 件を表示 次へ >>
尾村としなりの政策 プロフィール 1962 年大田市生まれ。
1985 年北九州市立大学法学部政治学科卒業後、松江民主商工会に就職。
島根県商工団体連合会事務局長、消費税廃止県各界連絡会事務局長、日産生命被害者の会事務局長など歴任。

ホームに戻る
Copyright © Toshinari OMURA. All Rights Reserved.