前に戻る

活動情報

910 件中 261 ~ 270 件を表示
1 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 91

大平前衆院議員が副知事と懇談

2018-06-28 この記事を印刷
 日本共産党の大平喜信前衆院議員が県庁を訪れ、藤原孝行副知事と教育問題などについて意見交換しました。党県議団が同席しました。
 大平氏は、衆院予算委・地方公聴会(2015年3月、松江市)で、溝口善兵衛知事に少人数学級の取り組みについて質問したことを紹介し、「小学校1・2年生の30人学級や小学3年~中学3年生までの35人学級編成はとても素晴らしい」と語りました。
 藤原副知事は「人的配置は手厚いと思う。子どもたちが生まれ育った地域の良さを学べる『ふるさと教育』にも力を入れています」と話しました。

原発ゼロの会のシンポジウムで情勢報告

2018-06-24 この記事を印刷
 原発ゼロをめざす島根の会が松江市で「市民の声を集めるシンポジウム」を開催し、県内各地から50人が参加しました。
 シンポでは、保育労働者や医療関係者、雲南市に住む住民の3人がパネラーとして発言。原発についての不安や思いについて熱く語りました。
 尾村県議は「島根原発3号機をめぐる情勢報告」を行い、県議会での論戦、3号機稼働ストップに向けての展望・たたかいについて報告しました。

6 月議会で一般質問

2018-06-20 この記事を印刷
 尾村県議は、①福島原発事故の教訓と憲法を生かす県政、②国のエネルギー基本計画の問題点と島根3号機の危険性、③原発稼働条件は「ゼロ」であること、④原発稼働の同意権・不同意権を保障する立法措置と安全協定、⑤原発ゼロの安全・安心の島根づくり-―の5項目で一般質問に立ちました。
 傍聴にお越し頂いた皆さん、質問にあたってご協力頂いた皆さん、ありがとうございました.。質問は県議会のインターネット中継でご覧いただけます。 なお、質問項目内容はホームページの「議会の取り組み」からご覧いただけます。

しまね総がかり行動の集会であいさつ

2018-06-19 この記事を印刷
 総がかり行動実行委員会は、「安倍政権の退陣」を求める集会をJR松江駅前で開きました。雨の中、60人が参加し、社民党や市民団体がリレートーク。立憲民主党、国民民主党からメッセージが寄せられました。
 日本共産党の尾村県議は、カジノ実施法案や「働かせ方大改悪」法案、参院選挙制度「改革」案などを押し通すための国会会期延長を批判し、「日本共産党は野党と協力して廃案をめざし、安倍政権を退場させるために力を尽くします」と訴えました。

島根 3 号機を了承しないことを求め、3 団体が県議会へ請願・陳情

2018-06-19 この記事を印刷
 島根原発3号機の新規稼働に向けた審査申請への「事前了解」を求められている島根県に対し、原発ゼロをめざす島根の会、金曜日行動実行委員会、新日本婦人の会県本部の3団体が、大屋俊弘県議会議長に「事前了解を了承しないことを求める」請願書と「県民の理解と合意ないまま判断しないよう慎重審議を求める」陳情書をそれぞれ手渡しました。日本共産党県議団が同席しました。
 大屋議長は「議会の中で議論を深め、慎重に審議していきたい」と話しました。

民青同盟が「原発ゼロの島根」求めて県へ申し入れ

2018-06-08 この記事を印刷
 民青同盟県委員会は、吉井安見県委員長県ら6人が県庁を訪ね、「原発ゼロの島根」を求め、申し入れを行いました。尾村県議、大国県議が同席しました。
 申し入れでは、島根原発2号機、3号機の稼働は認めず、原発ゼロを決断し、青年が安心して暮らせる島根の実現▽自然・再生可能エネルギーによる発電を広く普及させ、青年が安心して働ける雇用の場の確保▽原発に関する青年の不安や疑問の声、意見を掌握した施策を展開―などを求めました。

県原子力安全対策協議会で質疑

2018-06-06 この記事を印刷
 島根県原子力発電所周辺環境安全対策協議会(安対協)が開催されました。安対協では、中国電力が、島根原発3号機の新規制基準適合性確認審査申請、原発トラブルなどについて説明しました。
 尾村県議は「原発の技術は本質的に未完成で、極めて危険なもの。原発は莫大な放射性物質(死の灰)を抱えているが、それをどんな事態が起きても閉じ込めておく完全な技術は存在しない。原発は許されない」と強調しました。

党女性後援会の集いに参加

2018-05-31 この記事を印刷
 日本共産党の県女性後援会が国政・県政を考える集いを開催し、党内外から21人が参加しました。「森友・加計」疑惑でウソとゴマカシに終始する安倍政権への怒りの声が相次ぎました。
 尾村県議は、改ざん、隠ぺい、虚偽答弁などの悪質極まる行為を引き起こした政権は安倍政権が歴史上初めてだと強調し、「安倍首相は辞任すべき」と話しました。また、中電が島根原発3号機の新規稼働をめざしていることについて「3号機が稼働すれば今後とも危険な原発と向き合うことになる。島根の未来がかかっています。原発ゼロの島根をつくりましょう」と強調しました。

しまね労連の県への要請行動に同席

2018-05-31 この記事を印刷
 島根県労働組合総連合(しまね労連)は、安倍9条改憲ノー、島根原発稼2号機再稼働・3号機稼働中止、最低賃金1000円以上引き上げを求め、県と懇談しました。懇談には、尾村県議、大国県議が同席しました。
 参加者は「知事には憲法擁護義務がある。憲法9条改憲反対を求める署名にサインを」「県内全自治体を回ったが、原発稼働への不安は大きい。県として住民の意見をしっかりと聞くべき」と訴えました。

原発・金曜日行動実行委の県への申し入れに同席

2018-05-24 この記事を印刷
 原発ゼロをめざす「金曜日行動実行委員会」が、溝口善兵衛知事あてに島根原発を動かさないという決断を求め、申し入れました。
 岩本晃司代表ら12人が県庁を訪れ、「子や孫に負の遺産を残してはならない」「原発に頼らない自然エネルギーへのシフトを」「島根原発3号機は国内最大規模の原発であり、安易な適合性確認審査申請など許されない」などと訴えました。日本共産党から尾村県議が同席しました。
910 件中 261 ~ 270 件を表示
1 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 91