前に戻る

活動情報

910 件中 221 ~ 230 件を表示
1 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 91

9 月議会で一問一答質問

2019-09-19 この記事を印刷
 尾村県議は、①子どもの医療費助成制度、②事務事業見直しの判断基準、③原発問題の3項目で、知事に対し、一問一答質問を行いました。
 傍聴にお越し頂いた皆さん、質問にあたってご協力頂いた皆さん、ありがとうございました.。質問は県議会のインターネット中継でご覧いただけます。
  なお、質問項目内容はホームページの「議会の取り組み」からご覧いただけます。

八束町内の通学路危険箇所を調査

2019-08-27 この記事を印刷
 八束町の小学校保護者会の案内で、町内の通学路の危険箇所を見てまわりました。調査には、県土整備事務所の課長や八束支所の支所長、地元警察、交通安全協会のみなさんが参加。日本共産党から尾村県議と橘よしあき市議が同行しました。
 県道や市道で横断歩道を設置してほしい場所、学校があることを伝える道路標示やスクールゾーン表示をしてほしい箇所など確認しました。子どもたちが安全で安心して通学できるよう一刻も早い対策が求められます。

74 回目の終戦記念日に街頭から訴え

2019-08-15 この記事を印刷
 日本が進めた侵略戦争と植民地支配の終結から74年目の終戦記念日に、日本共産党の尾村県議、松江市議団は市内で街頭演説を行いました。
 尾村県議は「不戦の誓い」を新たにするに日にあたって、安倍首相が「残された任期の中で憲法改正に挑む」などと民意を無視した前のめりの姿勢を批判。「多くの犠牲と悲惨な体験を経て、日本国民が手にした憲法9条を守り、生かす政治をつくるために全力を尽くします」と決意を表明しました。

核兵器廃絶を求めて県庁を表敬訪問

2019-07-22 この記事を印刷
 核兵器のない世界を求めて運動する「国民平和大行進島根県実行委員会」が、県庁と県議会を表敬訪問。県庁では三島正司総務部次長、県議会では糸賀克巳事務局長が出迎えました。
 富山~広島コースの通し行進者の山田太枝さん(74歳)らは「1日も早く核兵器のない世界をつくりたい」と訴えました。丸山達也知事からヒバクシャ国際署名と核兵器廃絶ペナントが寄せられ、中村芳信県議会議長からもペナントが託されました。県議会事務局からは、署名と核兵器廃絶の「運動募金」が寄せられました。

参議院選挙が公示

2019-07-04 この記事を印刷
 第25回参議院選挙が4日に公示となりました。中林よし子野党統一候補は、松江テルサ前で250人を前に、力強く第一声。
 第一声には、山本誉社民党県連合代表、後藤勝彦日本共産党県委員長、住民目線で政治を変える会の福嶋浩彦共同代表、保母武彦島根大学元副学長らが激励のあいさつ。角智子県議(立憲民主党県連幹事長)、白石恵子県議(民主県民クラブ幹事長)も連帯のあいさつ。私と大国県議も「必ず勝利を」と訴えました。

6 月県議会で一般質問

2019-06-14 この記事を印刷
 尾村県議は、①知事の政治姿勢、②島根創生・人口減少対策、③平和問題、④国民健康保険、⑤農業問題、⑥島根原発―の6項目で一般質問に立ちました。
 傍聴にお越し頂いた皆さん、質問にあたってご協力頂いた皆さん、ありがとうございました.。質問は県議会のインターネット中継でご覧いただけます。 なお、質問内容はホームページの「議会の取り組み」からご覧いただけます。

中林さんが参院鳥取・島根選挙区の野党統一候補に

2019-05-29 この記事を印刷
 日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の5野党・会派は、安倍政権打倒をめざし、参院鳥取・島根選挙区で、中林よし子元衆議院議員を統一候補とすることで合意しました。
 尾村県議は、中林さんとともに県内の各野党にあいさつ回りをし、夕方6時から街頭演説。中林さんは「安倍政権を打倒するため、全力を尽くす」と訴えました。

意宇川の河川・護岸調査を実施

2019-05-27 この記事を印刷
 松江市内の住宅街を流れる意宇川について、地元住民から護岸改修・修繕の要望が尾村県議のもとに寄せられ、県担当者とともに現地調査しました。吉儀敬子市議が同行しました。
 参加した地元住民は「台風シーズンに2年続けて避難勧告が発令されました。改修・修繕を急いでほしい」と要望。調査後、県の担当者は「改修・修繕を協議したい」と答えました。
 

ナースウェーブ集会で連帯あいさつ

2019-05-10 この記事を印刷
 島根県医療労働者組合連合会(医労連)は、松江テルサ前でナースウェーブ集会を開催しました。白衣の看護師や介護福祉士ら80人の医療労働者が参加しました。
 自民党議員連盟の五百川純寿県議、民主県民クラブの白石恵子県議、日本共産党県議団、県健康福祉部の吉川敏彦部長が激励と連帯あいさつ。
 党県議団を代表して、尾村県議が「安全・安心の医療、介護の実現に力を尽くします」 と訴えました。

憲法記念日に街頭から訴え

2019-05-03 この記事を印刷
 日本国憲法が施行されてから72周年を迎えた3日、尾村県議は松江市イオン前で中林よし子参院鳥取・島根選挙区予定候補、松江市議団とともに宣伝しました。
 尾村県議は、4月30日から5期目の県議としての任期がスタートしたことを述べ、「くらしと命を守る議席」としてスジを通して頑張る決意表明。そして、「恒久平和、基本的人権の保障を規定した日本国憲法と住民の命と福祉を守ることを自治体の使命と規定する地方自治法を瞳のごとく大切にする」と強調しました。
910 件中 221 ~ 230 件を表示
1 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 91