前に戻る

活動情報

906 件中 111 ~ 120 件を表示
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 91

外来種駆除に取り組む「まつえワニの会」が県へ要望

2021-11-22 この記事を印刷
 松江市内の川や池で外来種のミシシッピアカミミガメの駆除に取り組む市民団体「まつえワニの会」の遠藤修一会長(74)と小草一政副会長(71)が県庁を訪れ、外来種駆除の活動が継続できるよう、活動費用など行政の積極的な支援を要望しました。
 ワニの会は、昨年5月から松江堀川や天神川などでワナを設置し、アカミミガメの捕獲を開始。今年は5月から活動を始め、10月末までに計2340匹を捕獲しています。
 遠藤代表らは「アカミミガメの駆除は継続的に実施しなければ、すぐに増え、行政が本腰を入れて取り組まなければならない課題だ」と強調。「外来種から在来種の生態系や松江城を取り巻く自然を守り、国際文化観光都市『水の都松江』を残し、子どもたちに伝えるためにも、引き続き行政による力強い支援を」と求めました。
 竹内俊勝環境生活部長は「松江市と連携し、今後も協力していきたい」と応じました。

島根県医労連が県へ要請

2021-11-16 この記事を印刷
 医療労働者でつくる島根県医療労働組合連合会(森山篤士委員長)は、県に対し、①看護師・介護職員の大幅増員と夜勤改善、②公立・公的病院の再編統合と病床削減方針を見直すこと、③保健所の増設など公衆衛生行政の体制の拡充、保健師等の大幅増員、④75歳以上の窓口負担2倍化の中止を国に求めることなどを要請しました。
 看護師や介護福祉士らは「人員不足による多忙から休憩もままならない」「日勤を終えた後、深夜0時からの夜勤もある」など、コロナ禍の医療・介護現場の厳しい勤務環境の実態を次々に訴えました。 
 県医療政策課の奥原徹課長は「今後の第6波に向け、現場の状況を把握しながら労働環境や体制強化をしっかりしていかなければならない」と応じました。

島根原発特別委で耐震性の検証など質疑

2021-10-06 この記事を印刷
 中国電力島根原発2号機の再稼働を巡り、島根原発対策特別委員会が開催され、原子力規制庁が審査結果、内閣府が避難対策、資源エネルギー庁が再稼働の必要性、中電が安全対策を説明。
 尾村県議は「宍道断層(39㌔)と鳥取沖断層(98㌔)が連続すれば140㌔もの活断層となり、現在の820ガルの基準地震動では耐えられない」と指摘。両断層の連続大地震を想定した耐震性の検証が必要と強調しました。規制庁の田口達也安全規制管理官らは「基準地震動の評価は重要」と答えました。
 また、政府が了承した避難計画について、実効ある避難計画とは「100%住民の命と安全を守れる計画」と主張し、感染症の流行や自然災害の激甚化を十分に考慮すべきと強調。内閣府政策統括官(原子力防災担当)の坂内俊洋参事官は「命が失われてはならない。計画の改善に努めたい」と応じました。
 中電に対しては「福島事故の教訓を学ぶべき」「周辺自治体が求めている事前了解権を認めるべき」と強く求めました。

島根民医連が医療連携体制の強化など求め県要請

2021-09-29 この記事を印刷
 新型コロナ感染拡大時、感染症病床を確保するため、通常の外来診療や救急体制の縮小を余儀なくされる事態が生じているとして、島根県民主医療機関連合会(眞木高之会長)は、県に行政と保健・医療・介護など各団体が協議する仕組みの整備と連携体制を早急に確立するよう要請。党県議団、舟木健治、橘ふみ両松江市議が同席しました。
 眞木会長、平田保事務局長は、コロナ感染者を積極的に受け入れてきた医療機関は、コロナ以外の診療でも救急や急性期疾患で地域の中核的役割を担っている病院だと指摘し、「手術や検査、通常診療の縮小によって、救われるべき命が失われないよう連携体制を早く構築してほしい」と要望。空港など県外者を受け入れる窓口などでの公費負担によるPCR検査や保健所に関わる人的体制の強化も求めました。
 安食治外健康福祉部次長は、連携体制について「保健所が中心となって医療機関や介護事業所、行政、住民などと継続的に検討をすすめたい」と回答。谷口栄作医療統括監は「第5波の反省と教訓を確認し合える場をつくるとともに、第6波に向けて医療提供体制を拡充したい」と応えました。

農民連が米価下落の緊急対策求めて県要請

2021-09-28 この記事を印刷
 島根県農民運動連合会(島根県農民連)は、県に新型コロナ禍による米価下落対策や7・8月豪雨で農地・農業施設災害に見舞われた農家への災害復旧工事の自己負担免除などの対策を要請しました。党県議団が同席しました。
 田食道弘会長、河津清副会長、清原昭事務局長の3氏は「コロナ禍による米の需要消失は2019年産米の過大な在庫を生み、20年産の米価も大暴落の状態。今年10月末の古米在庫は60万トンと試算され、36万トンの減産が実現したとしても効果自体が消散しかねない」と窮状を訴え、①島根県産の過剰米を生活困窮者や学生などに現物配布②主食向けを加工米、飼料米などへ転換する米農家に対する加算金の上乗せ③被災した農家への災害復旧工事の自己負担免除と小損害復旧工事・作業への助成などを要望。西村秀樹農林水産部長は「民間在庫は国が責任をもって処理して頂きたい」「災害復旧の農家負担を軽減するために県としての補助を市町村に提案している」と答えました。

民青同盟が学生支援を求めて県要望

2021-09-24 この記事を印刷
 日本民主青年同盟島根県委員会(後藤真実子委員長)は、コロナ禍の長期化で多くの学生が学業や学生生活での交流やアルバイトの機会を奪われているとして、県に対し、学生や若者が将来に希望を持てる対策を講じるよう要請しました。日本共産党県議団、舟木健治、橘ふみ両松江市議、吉井安見出雲市議が同席しました。
 後藤委員長や門脇遥県常任委員は、この間計7回取り組んだ食料支援活動で、学生から「感染拡大により就職活動にも影響が出る」「奨学金の返済ができるのか」などの不安を訴える声が相次いだことを紹介。▽学生を対象にしたPCR検査の支援▽困窮する学生への食料・生理用品などの配布支援▽県独自の給付制奨学金制度や学費減免制度の創設▽学生の生活実態調査―を要望しました。
 奈良井浩人健康福祉総務課長は「病院実習がある学生の検査費用を助成します」と回答。総務部の清水寛之総務課長は「県立大学のアンケート調査をふまえ、学習環境の改善につなげたい」と応じました。

9 月県議会で一般質問

2021-09-17 この記事を印刷
 尾村県議は、①知事の政治姿勢、②新型コロナウイルス感染症対策、③豪雨災害、④コロナ禍や自然災害に苦しむ事業者や若者に対する支援、⑤学校施設の浸水・土砂災害対策、⑥島根原発の6項目で質問を行いました。
 傍聴にお越し頂いた皆さん、質問にあたってご協力頂いた皆さん、ありがとうございました.。質問は県議会のインターネット中継でご覧いただけます。質問原稿はホームページの「議会の取り組み」からご覧いただけます。

島根原発 2 号機「正式合格」を受けて街頭宣伝

2021-09-15 この記事を印刷
 原子力規制委員会が15日の定例会合で、中国電力島根原発2号機が新規制基準に適合しているとする審査書を正式に了承し、「正式合格」となったことを受け、むこせ慎一衆院2区予定候補、党県議団、上代善雄県委員長、岩田剛東部地区委員長が県庁前で緊急宣伝しました。
 尾村県議は冒頭、「2号機再稼働によって原発の危険を抱え、原発依存の島根を続けるのか、原発と決別し、安全・安心の島根の道を歩むのか、歴史的岐路に立っている」と強調。新規制基準について、規制委自身が「新規制基準を満たすことによって絶対的な安全性が確保できるわけではない」としていることを紹介。「福島事故の教訓は、安全な原発などあり得ないこと。社会を破滅させる原発事故が起きる危険が『万が一』でもあるならば、原発再稼働などあり得ない」と力を込めました。

雲南県土整備事務所へ豪雨災害対策を要望

2021-08-27 この記事を印刷
 尾村県議、むこせ慎一衆院島根2区予定候補は、雲南県土整備事務所を訪れ、7月・8月豪雨で被災者から要望された砂防ダムに流入した土砂・流木の撤去と定期的な点検、幹線道路の早期復旧など10項目について早期の対策を要望しました。
 雲南市の上代和美市議、飯南町の伊藤好晴町議、奥出雲町の川西明徳、田食道弘の両町議が同席し、河川の水位上昇による浸水被害対策や農地災害復旧の受益者負担の軽減などを求めました。
 雲南市の三刀屋川に注ぐ三谷川からあふれた水が流れ込んだ三刀屋地区の旭町第二自治会の加本敦郎会長(67)、名原茂文班長(78)も参加し、「8月豪雨(14日)でも増水した。予防の視点を持った対策を」と強く求めました。
 足立和彦所長は「まずは三刀屋川と三谷川の合流部を掘削し、広げたい」と述べ「市とも協議し、対策を講じる」と応えました。

豪雨災害の復旧対策を松江県土整備事務所へ要望

2021-08-25 この記事を印刷
 7月・8月の豪雨で土砂崩れによる道路の通行止め、河川の水位上昇による浸水被害、裏山崩壊による家屋の損壊など、松江、安来の両市で多くの被害が発生した問題で、尾村県議は松江、安来の両市議団らとともに、松江県土整備事務所を訪れ、被災者から要望された河川の堤防のかさ上げや浸食護岸の整備、家屋の土砂撤去などの19項目について、早期の対策を講じるよう要望しました。
 松江市内の住宅街を流れる意宇川の浸水被害では、党八雲支部の田辺達男支部長が床下や車が浸水した状況を話し、擁壁改良を要望。同下流域に住む竹矢支部の岩本晃司支部長は堤防のかさ上げ、護岸整備などを求めました。県の担当者は、擁壁改良について「松江市と協議中で方針や工法が決まれば住民に説明したい」と答えました。
906 件中 111 ~ 120 件を表示
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 91